« 7月の予定 | トップページ | 裂織り体験レポート »

トールペインティング体験レポート

平尾先生のご指導の下で、
ワタクシ管理人幡野がトールペインティング初体験!

まずは、ストロークの練習です。
丸筆と平筆をうまく使って、様々な線を書く練習します。
200606271411000

平筆↑は、筆の角度はそのままで、筆の形や弾力を利用して
手の力の加減をしながら描くのが難しいですね。

「では早速、制作に入っちゃいましょう。今日はコースターを作ります」
えーっ、先生、いーんでしょうか?自信ないんですが。
「大丈夫!実際に描いていくことで慣れていきますから!」
そ、そうですか、そいじゃあ、やってみます。

まずは、図案を写しとります。
アメリカントールにはお手本となる図案がちゃんとあるので
それを写して制作するのだとか。
自分でデザインを考えなくてもいいので、多少絵に自信がない人でも
安心ですね。

今回のコースターの図柄はコレです。
200606271418000

更に、それをコースターとなる木材にトレースします。
「木に傷が付かないように、優しく優しく…」
↓生徒Aさんも真剣です。
200606271435000

管理人の下絵も完成。
(しまった、ブーケの位置が上すぎた)
200606271444000

ではいよいよ絵付けです。
平筆の片端に赤、反対側に白をつけて、パレットでなじませると
グラデーションのある線をひと筆で引けます。
このサイドロードという技法を使って、お花を描きます。

先生がお手本を見せてくださいました。
「湯呑み茶碗のような形にするとかわいいのよ」
200606271446000

湯呑み、湯呑み、湯呑み…管理人もせっせと練習。
そして、その勢いでとうとう本番に突入!
でも出来上がったのは、お花というよりウツボカズラ…。
200606271502000

先生のあたたかいご指導(+ご声援)のおかげで
なんとかその後の絵付けもこなし、完成したのがこちら↓
200606271539000

これだけ見ると、初体験にしてはよくやった!と
(文字通り)自画自賛したくなりますが、
先生のと並べて見ると↓、雲泥の差です。
200606271555000_1
左の花形=平尾先生作、右の円形=管理人作。

とはいえ、こんな小さなものでも、一つ仕上げるだけでちょっとした
ものづくり達成感が味わえます。
平尾先生、楽しい体験レッスンをありがとうございました。

※体験レッスンをご希望の方はお気軽にご連絡ください。
 【トールペインティング教室】の詳細はこちら

|

« 7月の予定 | トップページ | 裂織り体験レポート »

トールペインティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トールペインティング体験レポート:

« 7月の予定 | トップページ | 裂織り体験レポート »